Pocket

複雑性悲嘆とは大切な人・動物が亡くなった後に悲しい気持ちが持続的に続いている状態です。

このような気持ちが半年以上続いている場合は複雑性悲嘆の場合があります。

 

今まで、この複雑性悲嘆に限らず、死別を中心とした喪失のトラウマとしては以下のようなものがありました。

・自死遺族

・死産

・ペットロス(飼っている動物の死)

・家族・恋人の死

・友人の死

 

これらは、抑うつ的な気分や自責的な感情、喪失感などが特徴になります。

フラッシュバックを伴うこともあります。EMDRは、これらのフラッシュバックに対して有効な治療法です。

亡くなった方への想いが強い場合は、催眠下において亡くなった方に対して、できなかったことを行って貰う場合もあります。

 

Pocket

カテゴリー: EMDRPTSD トラウマ