Pocket

親からの虐待は、身体的暴力、性的虐待もありますが、言葉の暴力の場合もあります。

例えば、「あなたなんて産まなければよかった」「なんで、あんたは父親に似たの」「子育てには失敗した。お前は失敗作だ」等色々とあります。

どんなに小さな時に言われた言葉でも、多くの人はその言葉を憶えているものです。

あまりにつらい記憶のために封印していることも多いと感じます。

EMDRの治療中に思い出すこともあります。

 

 

また、両親がDVをしていることを目撃するDV暴露もトラウマになります。

最近は、DVも父親だけでなく、母親のDVも増えてきています。

女性のDVで、暴力はでないと考えられるかもしれませんが、実際には殴ったりと手が出るケースもあります。

 

家族・家庭というのは、子どもがこの世に生を受けた際に、最初に安全であるべき場所です。

この場所で安全を確保できなければ、後の人生に悪影響を及ぼすことは容易に想像できます。

 

 

「子どものときに、親を嫌いになれたら、どれだけいいだろう」と思ったことがあります。

このような虐待、DV暴露を経験し、その後の人生に苦しむ方の一部は、

子どものときに、親を嫌いになりきれなかった方たちです。

このような方たちは、端的に言えば優しすぎます。

「優しすぎて、親を嫌いになれない、憎めないのです。」

 

このような方は、EMDR中ですらもに、なかなか親に対する怒りが出てきません。

少し怒りが出てきても、「親も人間だし」「怒ることはよくない」「親にも事情があった」

という言葉が心の片隅にあるかのようです。

 

このようなタイプの方は、日常生活でも本当に優しい方が多いと感じます。

とても献身的で、他人の痛みをよく感じられる方々です。

 

虐待やDV暴露を治療していく中で、この方たちは親と決別していくことが必要になる方もいます。

親は自分を産んでもらったありがたい存在だけれど、その言動には賛成できない。

そういう風に心から思えることがゴールになる方もいます。

 

Pocket

カテゴリー: DVEMDRPTSD トラウマ